ヒストリー

ヒストリー

1982 クボタエンジン販売サービス(Kubota Engine Sales&Service Co,Ltd)設立
  小形ディーゼルの直噴化に成功
1983 1気筒500cc以下で世界初の水冷多気筒直噴ディーゼル82mmストローク開発
1気筒当り200cc世界最小多気筒ディーゼルスーパーミニ62.2mmストロークシリーズ開発
スーパーミニシリーズ
1984 水冷横型ディーゼルEAシリーズ開発
  水冷ガスエンジンDG1402開発
空冷ガソリン発電機NAシリーズ開発
1985 エンジン専門工場「堺臨海工場」新設
1987 小形汎用エンジン生産1000万台達成(3月)
小形汎用エンジン生産1000万台達成(堺臨海工場)
  空冷OHVガソリンスーパーOHVシリーズ開発
スーパーOHVガソリンエンジン
  スーパーファイブシリーズ開発(出力・燃費と排ガス性能を両立したNewTVCS燃焼方式搭載)
スーパーファイブディーゼルエンジン
1988 OC52・OC62液冷ディーゼル開発
スーパーACTV液冷ディーゼルエンジン
  ニュースーパーミニ68mmストロークシリーズ開発
1990 スーパースリー92.4mmストロークシリーズ開発
1993 汎用エンジンとして世界で初めてCARB(米国カリフォルニア州大気資源局)排ガス規制の認証取得(D1105:E-TVCS燃焼方式の開発)
Page Top